歌麗なる明け暮れを・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 恋のメキシカン・ロック : 橋幸夫

<<   作成日時 : 2017/07/11 23:44   >>

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 10

 7月も中旬になりましたが、まだ梅雨前線が九州のほうに居座って九州南部では大変な大雨で甚大な被害となリました。
亡くなられた方々にはお悔やみを、そして被災者の方々にはお見舞い申し上げます。
それに反して関東は空梅雨模様で、暑い日が続いています。
気象庁は「関東の梅雨明け」宣言をしていませんが、30度を越す ♪〜ぎらら まぶしい太陽 の日が一週間以上続いています。
と言うことで、個人的には「7月2日に関東は梅雨明けし、季節は夏」ということにしました。
 この暑い夏の日に負けじと、鮮やかで、艶やかな赤い百合の花がご近所の庭先に咲いてるのを見つけました。
今年の我が家の白いカサブランカは、残念ながら花芽をつけませんでした。
画像
          艶やかな赤い百合 (2017/07/03))    
今日アップの歌は「恋のメキシカン・ロック」、歌手は橋幸夫です。
橋幸夫に関しては雨の中の二人を参照下さい。
さて、「歌は世につれ、世は歌につれ」と言われますが、歌謡曲というのは特にその傾向が強く、それが作られたその時々の世の中のいろいろの情景や流行などが取り込まれることが多いです。
1964年に東京オリンピックが大成功し、それを盛り上げた「東京五輪音頭」が各社競作で前年に発売されて、レコードの累計売上は300万枚に達するビッグ・ヒットとなりました。
ということで、東京オリンピックに次いで1968年に開催されたメキシコ・オリンピックを意識してその前年の1967年5月1日にリリースされたのが、この「恋のメキシカン・ロック」だといわれています。
場所が中南米のメキシコということで、とにかく「ノリが良く」て、「軽快」で、「陽気」な曲という事で、ロックの8ビートのリズムで作られ、笠置シヅ子:「東京ブギウギ」、渡辺マリ:「東京ドドンパ娘」、美空ひばり:「真赤な太陽」などと共に「りズム歌謡」の名曲と言われています。
そして、歌詞にはまさに1960年代の流行ダンスや流行語が取り入れられています。
♪〜ゴーゴーゴーゴー
♪〜 信じられない 
♪〜 しびれちゃったよ 
♪〜 イカシテいるぜ

と、まさに若者たちが陽気に唄い、踊る様子が見えるようです。
そして、そんなパーフォーマンスを後になってモノマネ番組で披露したのが、「清水アキラ」です。
非常にインパクトの強いものでしたが、この歌のリズム歌謡としての素晴らしさを再アピールしました。
最近では「三山ひろし」がカヴァーしています。
< 恋のメキシカン・ロック > 歌手:橋幸夫 歌詞
 作詞:佐伯 孝夫 作曲:吉田正 1967年5月リリース 



つぶやき:「いや〜、今回の東京都議会選挙での自民党大敗の結果で、安倍首相は『安倍政権にゆるみがあるのではないかという、厳しいご批判があったんだろうと思います』と述べたが、正しくは『ゆるみ』でなく『おごり』だな〜
とにかく安倍一強ということで、先月に通常国会で『共謀罪』 法案を強引に通過させたその後の記者会見で、学校法人加計学園の問題が不信を招いたことを認め『丁寧に説明する努力を積み重ねたい』と述べたな〜 このセリフをもう何回聞いたことだろう!特定秘密保護法、安保関連法、原発再稼働、沖縄米軍基地問題など、世論が意見が沸騰する局面でこの言葉は使われてきたが〜 結果はいつも押し切りで、国民の多くは安倍政権に対して信頼出来なくなったんだろうな〜 そして都議選最終日の安倍首相の最後の応援演説で、安倍ヤメロのコ−ルに、『こんな人たちに負けるわけにはいかない』と叫んだのだ〜 こういうことでは人心は離れるわな〜 その結果が今回の都議選であり、そしてこの週末から行われたマスコミの世論調査での内閣支持率の大幅下落だ〜 朝日新聞33%、読売新聞36%といずれも下落し、不支持率は朝日新聞では47%、首相お気に入りの読売新聞ではなんと52%と半数を超えたぞ〜
その上、朝日新聞の『最近の安倍首相の発言や振る舞いをみて、首相をどの程度信用できるかとの設問』には『首相信用できない:61%』だったそうだ〜
都議選大敗で昨日渋々の開催をした『閉会中審査』での、官邸側の答弁は『・・・と報告を受けている』とか、『記憶にない』とか、『4分半以上もかけて大量の文書を読み上げる』という事で、
とても『丁寧に説明する』という状況は見えないぞ〜 誰が見ても明らかに前川前文部科学事務次官の答弁の方が真実味があり、官邸側が黒に近い灰色であることは判るのにな〜
安倍首相には衆参の予算委員会に出席して、『これぞ丁寧な説明』をして欲しいな〜
ところで、何時だったか、そして誰だったか失念したが、あるジャーナリストが以下のようなことを述べていたのをメモしておいた。
安倍さんの政治哲学とは、噛み砕いて言えば、国民は『すごく怒っていても、時間が経てば忘れる』、『ほかのテーマを与えれば気がそれる』、『嘘でも断定口調で叫び続ければ信じてしまう』、つまり『国民は馬鹿である』ということです・・・・と。
私たちは馬鹿なのだろうか?いや〜、そうはありたくないぞ〜」


●「ア行〜カ行」の歌手名アップ曲一覧はここをクリック下さい
●「サ行〜ナ行」の歌手名アップ曲一覧はここをクリック下さい
●「ハ行〜ワ行」の歌手名アップ曲一覧はここをクリック下さい
●作曲:杉本眞人と作曲:筒美京平の曲はここをクリック下さい
●ブログ開設満5周年:アクセス数ベスト20はここをクリック下さい

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
のりのりですねえ〜〜〜
熱い太陽も水着姿の女性たちもまぶしい〜〜〜〜(笑)
若さだけで、怖いものなしで勝負してた時代。
失敗して泣いて、小さなことでもやったぜ!と小躍りして、もう最高に懐かしい高校生時代の曲です。
いつものびやかなのほほ〜んさんの歌声もなおさらに弾んで耳に届きます。
さて我が家は今ヤマユリが全開で、芳しい香りが家の中まで・・・いささかプチ自慢を!^^;


三の君
2017/07/13 16:15
懐かしいですね。メキシコオリンピックが当時背景にあったのですね。東京五輪音頭。ローマオリンピックの頃から妙にカンツォーネブームで、サンレモ音楽祭が日本のPOPS界を席巻していきました。片やビートルズ、此方サンレモと、洋楽ファンを二分させました(これは私の勝手な思い込みかもしれませんが)。
花の話では、我が家も先日月下美人が咲きました。いつ咲くのか私は頓着しないのですが、家内はちゃんと分かっているのです。言われてみれば確かに辺りに芳しく甘い香りが漂っています。花知る人には恐れ入ります。
しげ
2017/07/14 08:07
おはようございます。
昨日、久しぶりに天気に恵まれテニスを楽しみましたが、2時間ほどでしたが午後のテニスなので暑さに参りました。
流石に今日も朝からテニスの予定でしたが、疲れを感じて意欲がなくお休みしました、もうあまり無理はしないでおこうと思っています。
その代わり時間が空くのでボックスにでも行こうかなと思っています、夏は涼しい部屋でカラオケが良いかもですね。

橋さんのこのような歌はのほほ〜んさんならではの曲ですね、私は橋幸夫の歌はあまり縁がなく、好きな歌もあるのですが、まだ数曲しか歌っていません。
このようなテンポの良いノリノリのリズム歌謡はとても歌えません、このような歌を歌えるうちはのほほ〜んさん、まだまだお元気な証拠ですね、これからの酷暑にも負けないようにテニス・カラオケを楽しんでください。
暑さを吹き飛ばす軽快な歌を素敵に聴かせていただきました、ありがとうございました。
アキのいちご
2017/07/14 10:15
三の君さん、こんばんは!
いや〜、連日30度越えの暑さでお仕事が大変でしょうね!
この曲は高校生時代でしたか〜 この歌は橋幸夫も随分と路線変更したな〜と思う程度で発表当時はあまり気にしてはいなかったんですが、清水アキラの歌マネで復活しました〜!
ユリの香りは良いですね〜 これからハイビスカスの出番なのですが、この暑さで少し中ダルミ状態です!
いつもお聴きいただき、コメントをありがとうございます。
三の君さんへ from のほほ〜ん
2017/07/15 20:57
しげさん、こんばんは!
そちらもまだ梅雨明けをしていないんですよね〜!
この歌はやはり異色ですよね〜 でも、ま〜オリンピックにあやかって稼ぎたいというレコード会社の思惑があったのでしょうね!
おっしゃるとおりにカンツーオネとビートルズ、それにプレスリーのロックの流れもあって、あの頃が日本で一番洋楽が華やかだった頃ではないでしょうかね〜!
そうですか〜 月下美人が〜!! 当方はまだその甘い香りをかいだ事がありません!
秋にも楽しめるそうで、長く楽しめそうですね!
いつもお聴き頂き、コメントをありがとうございます。
しげさんへ  from  のほほ〜ん
2017/07/15 21:12
アキのいちごさん、こんばんは!
もうこの一月間ほどテニスをしていません!体が鈍っているところへ、この暑さではテニスをやる気力も湧きません!!いつ頃になったら復帰できるか・・・。
午後になるとコート上は軽く40度を越しますから、熱中症にならないようにしないといけませんね〜!
この曲はやはり夏の歌なので、この時期を待ってのアップで収録は昨年の3月です。
だんだんこの種の歌は唄えなくなりますね〜
これからの一ヶ月は酷暑をどう乗り切って、孫たちの面倒を見れるかの勝負となります!
いつもお聴き頂き、コメントをありがとうございます。
アキのいちごさんへ from  のほほ〜...
2017/07/15 21:22
おはようございます!のほほ〜んさん^^

梅雨明け前からこの猛暑、どうしましょう?ですね、
まぁ〜懐かしい曲、お聴きしました!
デビュー当時の橋さん、爽やかで
もっと〜活躍期待してましたけど〜〜
収録昨年ですか?
沢山ストックされてるようで次曲も楽しみです^^
いつも通り爽やかな歌声でした^^
yun
2017/07/17 11:17
ヤァ〜やぁ〜、のほほ〜んさんは、まだまだお若い!
パチパチ!拍手喝采で〜す。
TIKO
2017/07/18 20:29
YUNさん、こんにちは!
ようやく気象庁が梅雨明け宣言をしましたね〜!
梅雨明け10日と言ってこれから10日間は晴れが続くので、数年前まではそれを待って北アルプスへ3〜4日ほどお花畑や雪渓を求めて山歩きに出かけのですが・・・。「今は昔」です。
いや〜、懐かしい、そして夏らしい歌なので、この時期にと思って昨年収録したものです。
この歌にあるような女性を意識する気が最近なくなって来ましてね〜 最近は終活に軸足を・・・。
いつもお聴き頂き、コメントをありがとうございます。
YUNさんへ from  のほほ〜ん
2017/07/20 11:10
TIKOさん、こんにちは!
梅雨明けして夏本番ですが、この夏はゲリラ豪雨が各地で発生するとのことで気が抜けないですね!
この曲はご存知ですよね〜!
あの橋幸夫がこの歌を唄ったときは、それまでの彼のイメージと違ってちょっとビックリし、清水アキラがモノマネでマラカス振りながら唄い踊るのに仰天しました〜
まだまだ若いと言われるにはずいぶんと歳をとりましたが、今までのところはなんとか体が動くので幸せでした。
いつもお聴き頂き、コメントをありがとうございます。
TIKOさんへ from のほほ〜ん
2017/07/20 11:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
恋のメキシカン・ロック : 橋幸夫 歌麗なる明け暮れを・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる